最近のアフィリエイト|2018年からのSEOを考えてみた

最近のアフィリエイトの報酬発生の仕方

10月はアフィリエイトを初めてからかなり収入が伸びた月でした。

新規で作ったサイトからわずか3日で報酬が入り(1件6,500円)、翌週も同じページから報酬が発生。

原因は、ツイッターのタイムラインで記事を流しまくっていたら、ハッシュタグが「商品名単体」でGの検索結果に引っかかっていたようでした。

(つまり、商品名単体で検索してツイッターが1ページ目に来ている商品であれば、すぐに報酬に結びつく可能性あり)

もう一つ、ヤフー知恵袋にあった質問に対する答えを、質問者1人に対して記事を書いた。

記事を書いた約3時間後、報酬が発生(7,000円)

自分史上最短の報酬発生です。(3時間)

ヤフー知恵袋の回答を見ると、私の回答がベストアンサーに選ばれていました。

それからまた報酬が発生。

ただ、この回答はキャンペーンものなので、11月の報酬発生は期待できません。

でも、コレって大事ですよね。

やるかやらないか迷うならやったほうが勝つ

ヤフー知恵袋に投稿した回答の記事は、1時間足らずで書き上げました。

後から見直してみるとお粗末なものだなと恥ずかしくなりましたが。

だけど、修正して修正して修正して…で、結局翌日に繰越し。

そんなことをしていたら、他の方に回答されます。

(事実、別の回答でもアフィリエイトリンクが貼ってありました。)

もちろん、最大限いい記事にするのが大事だと思いますが、少しお粗末でも、ちゃんと疑問に対する答えを返して商品契約まで背中を押すことさえできれば、人はお金を払うんだなとその時実感しました。

(後から手を加えて読みやすくしましたよ。)

ココナラの穴場キーワードサイトは色々トラブルがあった

ココナラで穴場キーワードで上位表示したサイトについて出品をしていたんですが、現在サービス休止中です。

理由は不妊治療を終えて妊娠したという理由もありますが(対応が大変なため)

広告主と色々とトラブルが有りました。

直接、広告主と何か合ったわけではないですが、色々合ったんです…。

いつも発生している報酬が0円?

毎日確認のために報酬画面は見ているのですが、いつも発生しているはずの報酬画面に0との数字。

一体どうしたんだ?!

と思って、自分のサイトから広告主のリンクを辿ってみると「エラーページ」

どんな画面だか忘れたが、ショートURLコードエラーが起きていました。

こんなの↓

どういうこと?

もしかして、私ペナルティ受けた?

でもGoogleのURLショートカットなんて使った覚えがない。

他のサイトに貼っている広告も同じようにエラーが出ていました。

どうやら私だけじゃないみたいで安心…じゃない!

これじゃあ報酬が発生しないよ!

と急いでASPに連絡。

”広告主に連絡し、至急対応します”とのこと。

しかし、いつエラーが治るのかわからない。

他のASPで扱っていないか探し回ってみた結果、灯台下暗し(笑)

かなり有名ASPで扱っていました。しかもちょっと報酬高い!(笑)

コレはラッキーと思って、早速ASPを乗り換えました。

元のASPはエラーが解消されたとの連絡がきましたが、報酬が高いなら変える必要はないよね-ということで…

無事報酬は発生し続け、一件落着。

ところが、3日後。

またもや報酬0円。

どういうこと????

広告画面が変わっている…!

なにこれふざけんな-!!!

私が扱っている案件はお試し価格の商品です。

広告画面にお試しで購入するボタンがなくなり、正規の値段で販売されるページにすり替わっていたのです。

だけど、ASPの広告説明欄には何の説明もなし。

怒りマックスでASPに連絡。

”確認出来次第、ご連絡いたします”

このASPはこれを最後に連絡が来ません。

ちなみに元のASPの広告画面にはしっかりとお試し価格で購入できるようになっています。

仕方ないので、渋々もとのASPに戻しました。

そんな1件があってから、私の被害妄想が炸裂。

「もしかして、広告主から嫌われてる?」

広告主は商品名単体キーワードで集客することを嫌うらしい

「商品名+◯◯」の2語キーワードでアフィリエイトをしている人は多いと思いますが、Googleに評価を受けると、まれに商品名単体キーワードでも上位表示で得きることがあります。

私は「商品名+〇〇」の比較的ニッチかつ需要のあるキーワードを狙っていましたが、いつの間にか商品名単体で10位以内をキープするようになりました。

正直、商品名単体で上位表示すると、面白いように商品が売れます。

最初は「商品名+◯◯」で記事を書いていても、殆どのアフィリエイターは商品名単体での上位表示を狙っている前提でコンテンツを作っていると思います。

それは、そのほうが利益が増えるのがわかっているからです。

ですが、考えてみれば当たり前ですが…

商品名単体で検索してくるユーザーには、広告主視点で見れば、自分の公式サイトから購入してほしいに決まっていますよね。

だってアフィリエイトサイトから購入されると余計な経費がかかりますから。

もちろん、記事の先にユーザーの悩みを解決している記事であったとしても、広告主には関係ありません。

(実際に、私の商品名単体で上位表示しているサイトのヒートマップを見ると、ページ上にある広告クリックが圧倒的に多く、最後まで見ているユーザーは全体の30%くらいです。)

だから、商品名関連で集客するアフィリエイターを嫌う広告主は多いです。

本当に怖いのは承認をキャンセルされること

広告主に逆らえないのは、広告主の次第で承認をキャンセルされることです。

私がそのサイトで発生した報酬はまだ未承認だらけ。

実際、ここから全てキャンセルされればおしまいです。

そんなことはないと願いますが、

長期的に考えると、目先の報酬よりも、広告主の利益となるようなアフィリエイトサイトを作ることを考えるのも、今後アフィリエイトしていく上では重要かなと感じました。

実際、アフィリエイトは広告主が撤退すれば簡単に利益が0円になりますし、アフィリエイトの規模が縮小すれば、ますます初心者が参入する余地が減ります。

そういった事を避けるためにも、広告主の意向に逆らわないサイト作りが大事かなと感じます。

実際、「私が広告主に嫌われている」というのはタダの被害妄想ですが、

広告主にとってマイナスにしかならない方法で稼いでいる人もたくさんいます。

(商品をボロクソに言って他の商品を紹介したり、とりあえず登録だけしてすぐに解約すればOKだよとか言ってみたり)

子供じみた言い方ですが、「稼ぎたいだけの思考」は後々自分に帰ってきて痛い目を見ることになりかねません。

逆に広告主に好かれれば、単価アップも期待できます。

是非、あなたも広告主のことを考えたサイト作りをしてみてください。

2018年からのSEO

最近は、妊娠してからというもののインプットばかりでした。

SEOに答えはないですが、谷と呼ばれるアフィリエイター集団のアフィリエイト事情を覗き見してばかりいました。

(アフィリエイト 谷で検索!)

この”谷”集団は決まったメンバーというわけではないですが、月8桁稼ぐスーパーアフィリエイターです。

うる覚えですが、このアフィリエイターたちが言う最近のSEOやGoogle事情は臨場感が合って面白いです。

「最近のSEOは昔の何倍も労力が必要」

「ガチでコンテンツ重視の時代」

「記事を増やせばいいってもんじゃない」

「長文が効かなくなってきている」

「同じページをリライト・リニューアルするほうが上位表示できる」

「記事を増やせば、相対的に評価が厳しくなる」

「被リンクの効果はまだあるけど、コンテンツが良いと言う条件でしか効かない」

などなど…

色々ツイッターでつぶやかれているので、一度見てみると良いですよ。

見すぎると作業する時間がなくなってしまいますけど、必ず気づきがあると思います。

これからやっていく方向性|ジャンル攻め

これまでは商品名関連で特化型サイトを作っていましたが、今はジャンル系でサイトを作っています。

なかなかつわりで全然記事を入れられていませんが

「記事を増やすよりも1記事の質・最新情報に保つことが大事」

という事を言い聞かせて、むやみに記事を増やさないようにしています。

新しいサイトからまたもや即報酬発生

今、妊活~妊娠ジャンルのサイトを作っています。

季節を問わない悩みだし、妊娠中・妊活中の方は、悩んで悩んでネットサーフィンをしている人が多いです。時間がある人も多いので記事を最後まで読む人が多い傾向があると思います。(私がそうでした)

妊活は私自身の体験談も語れるし、大型サイトに書かれている妊活・妊娠サイトの「一般論」よりも「個人の体験」を重視してくれる人がたくさんいると思ったからです。

そして、驚いたことに

妊活中に使っていたサプリの記事を書いた所、翌日に報酬が発生しました。

立ち上げたのが10月27日、該当記事は11月3日。わずか4記事しか入っていなかったサイトです。

この現象はおそらくGoogleハネムーンです。

Googleには新規優遇アルゴリズムがあるらしいんですよ。

実際にサーチコンソールでも見てみると、丁度報酬が発生したときだけ32位にランクインしていました。(翌日は圏外)

それでも32位ですからね。びっくりですよ。

悩んでいる人は、2ページ目3ページ目まで渡って見てくれるということですよね。

それだけ、個人の意見、実際の体験談は強いのかなと思います。

それ以降はまだ報酬は発生していませんが、少ないながらもアクセスが確認できています。

今は、商品名特化を止めてジャンルに集中していきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする